相馬共同火力発電株式会社 新地発電所

品質方針

 新地発電所は、保守管理に係る品質の確保および公共の安全に万全を期すことを到達目標として、下記のとおり品質方針を定める。

  • 保守管理に係る全ての要員は、電気工作物の保安に関する法令等を熟知し、遵守する。
  • 保守管理は、電気事業法に基づく経済産業省令および関係通達等に基づき行ない、電気工作物の保安水準の維持ならびに公共の安全の確保と環境の保全を図る。
  • 所長は、保守管理に係る組織を定めるとともに、この品質方針を保守管理に係る全ての要員に理解させ、品質システムの確立および実行により保守管理の品質維持を図る。
  • ボイラー・タービン主任技術者は、定期事業者検査の対象となる電気工作物について、電気事業法に定める技術基準等に適合していることを判断するとともに、保守管理の指導・監督を行い、保安に関する具体的な指示を行う。
  • 保守管理において、ボイラー・タービン主任技術者より保安のための指示を受けた者は、速やかに指示された内容を実行する。

平成30年 6月22日
相馬共同火力発電株式会社 新地発電所
所長 小林 仁

環境保全対策