相馬共同火力発電株式会社 新地発電所

沿革

昭和46年3月 福島県が相馬地域総合開発計画策定
昭和55年12月 東北電力・東京電力が「広域運営の新展開」を発表
相馬地域に新会社による発電所を立地することを決定
昭和56年6月 相馬共同火力発電株式会社設立
本店を福島市に置く
昭和56年10月 環境影響調査開始
昭和58年12月 第93回電源開発調整審議会において新地発電所 1・2号機の電源開発基本計画組入れ決定
昭和59年4月 電気事業許可取得
平成2年2月 発電所建設予定地内に新地発電所建設準備事務所を設置(同年7月建設所に組織拡大)
平成2年3月 福島県及び宮城県と公害防止協定締結
平成2年8月 1号機着工
平成3年8月 2号機着工
平成5年8月 石炭船第一船入港
平成6年7月 1号機営業運転開始 新地発電所設置
平成7年4月 本店を福島市から相馬市に移転
平成7年7月 2号機営業運転開始
平成7年7月 大型石炭専用船「新地丸」初入港
平成7年10月 ふれあい施設「わくわくランド」オープン
平成7年11月 大型石炭専用船「相馬丸」初入港
平成19年10月 1号機発電時間10万時間達成
平成19年12月 ふれあい施設「わくわくランド」入場者100万人達成
平成20年8月 2号機発電時間10万時間達成
平成21年10月 1号機発電電力量1,000億kWh達成
平成22年2月 1・2号機累積発電電力量2,000億kWh達成
平成23年3月 東日本大震災発生 1・2号機運転停止
平成23年12月 1・2号機発電再開
平成24年3月 200万kW発電到達
平成24年8月 ふれあい施設「わくわくランド」再開
平成26年7月 1号機運開20周年
平成27年3月 木質バイオマス燃料導入
平成27年7月 2号機運開20周年